小田急百貨店/新宿店刷新、スイーツ・化粧品・ラグジュアリーで女性客に訴求

Daily News | Online News 2022年10月04日 13:49 / 店舗レポート 小田急百貨店は10月4日、新宿店をリニューアルオープンした。 <小田急ハルクを新宿店に刷新> 新宿駅西口地区開発計画による新宿店本館営業終了に伴い、新宿西口のハルクに売り場を再編。本館・ハルク合計から、新生新宿店の面積は2割程度に縮小し、メインは食・化粧品・ラグジュアリーブランドにMDを絞り込んだ。 <苦渋の決断でアパレルは取り扱わないと林取締役> 同店店長の林幸一取締役は「新宿駅西口地区の再開発後、小田急百貨店が営業するかは全くの白紙で何も決まっていない。今回、ハルクの地下2階~地上2階、7階のコンパクトなフロアで展開する。面積に限りがあり、苦渋の決断で、アパレルは取り扱わないこととなった」と説明している。 リニューアルのテーマは、「Smart(スマート)」。新宿駅利用者・来街者、特に新宿周辺で働く女性をターゲットに「私のお気に入りがある店、行きたくなる場所」を目指す。 <スイーツと化粧品を同一フロアで展開> 中心カテゴリーとなる「食品」「化粧品」「ラグジュアリーブランド」において、「デパートコスメ」と「スイーツ」をワンフロア展開とした買い回りしやすい地下1階の化粧品&和洋菓子売り場を新設した。林氏は「顧客の購入データを見ると、スイーツと化粧品を同時に購入している実態がわかった。買い物の利便性を高めるため、スイーツと化粧品を同一フロアでそろえた」としている。 <化粧品は46ショップそろう> 化粧品売り場は、フレグランスやネイルサロンを含めたビューティーゾーンとして46ショップ(51ブランド)がそろう。閉店した本館に比べても約8割の規模で、女性だけでなく男性の美容もカバーできるよう、フレグランス、ヘアケアなどジェンダーレスブランドを拡充した。 スイーツは地下1階に約25ブランド和洋菓子の店がそろう。話題のカヌレも1個から、だんごも1串から購入でき、女性のご褒美需要を狙う。 <好調な高級ウオッチが充実> また、コロナ禍前の2019年に比べても好調に推移しているラグジュアリー、高級ウオッチを1階に集積した。 ■イベントスペースを2・7階に設置 物販に止まらない「発見」「出会い」「体験」といったリアルコミュニケーションのためのイベントスペースを2階・7階に設置した。 <「グッチ」のポップアップショップ> 2階はオープニングに「グッチ」のポップアップショップが登場している。7階のイベントスペースは「食品」「美容」「健康」を強化カテゴリーとし、近年トレンドの特化型のグルメ催事、女性の美と健康をテーマにした企画などを実施する予定だ。 <あんこにトキメク スウィーツ博> 10月4日~10日「あんこにトキメク スウィーツ博」を開催する。祝い事に欠かせないとされる「あんこ」にスポットをあて、王道から進化系まで約20ブランドが出店する。 ■地下2階は本館から総菜・弁当・パンを移設 <叙々苑…

0 Comments